2008年04月30日

朝早くは

p4300259.jpg

今日はいつもに比べて早い時間に撮ったので目の前が太陽方向でモロに逆光です。以前見たことのあるバンが止まっていました。ゴールデンウィーク中にもかかわらずご苦労様です。

住民説明会リポートの2回目は明日になります。
posted by hidaka at 09:20 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

住民説明会リポート(1) 前置き

cimg0433.jpg

いきなりもう殴り合いでも始まるのではないかというくらいやる気まんまんな文言が掲げられた画像で始まりますが、そんな怖い内容ではないので安心してください。3月24日(月)に墨田区押上のすみだ女性センターで開催された「『東京都中高層建築物の建築に係る紛争の予防と調整に関する条例』に基づく計画説明」の模様を、今日から数回に分けて書いていこうと思います。

東京都中高層建築以下略、な条例は、以前ご紹介した通り3〜4階建て以上の建物を建てるときのさまざまな規制を定めたものでして、この中の第6条第1項で、建築主には近隣関係住民に対する説明義務があると規定しています。条例では「近隣関係住民からの申出があったときは(中略)説明しなければならない」となっていますが、これだけの建築物の場合は周辺への影響が大きいので、実際には住民からの具体的な「申出」が有る無しにかかわらずちゃんとした説明会を行うわけです。

では、新タワーの「近隣関係住民」とはどの範囲の住民を指すのでしょうか。「近隣」だから“向こう三軒両隣”くらい? いえいえ、このくらいです。

cimg0434.jpg
(23区東部の地図を見てもピンとこない方もいるかと思うので、いくつか著名地点を★印で補いました)

この黒枠のどこが「近隣」ですか! じつは、条例でいうところの「近隣」は、おおまかにいうと「建築物高さの2倍の半径の円内」なので、新タワーの敷地から約1.2km以内に住んでいる人はみんな「近隣」にあたります。しかも、それに加えて「電波障害の影響を著しく受ける」エリアも「近隣」扱いなので、電波の発射地点が現東京タワーから新タワーに切り替わるまで(具体的には2012年春ごろ?)の間、現タワーが建設中の新タワーに隠れてしまう場所も含まれます。それで、「近隣」が北東方向へこんなに細長く範囲が伸びているわけです。この北東の端にある川を渡ればもう千葉県松戸市です。

さて、余談はこれくらいにして、さっそく会場へ行ってみましょう。なにしろ対象エリアが広いので、説明会は5つの会場(業平・吾妻橋・押上・亀戸・浅草)を巡回する形で3月18日から28日にかけて開催されました。私が参加したのは現場に最も近く、かつ現場の北側なので日照にも影響の出る住民が多い押上の会場です。ちなみに、この地域の人はここの会場へ行ってくださいということはなく、任意の会場に参加可能でした。

p4290257.jpg

必要性への疑問や電磁波(そのうちタワーに関係するのは電波ですが)への不安なども指摘される新東京タワーですので、会場の前では反対運動のシュプレヒコールが上がっているのではないかと思いビクビクしながら出かけたのですが、実際に会場に着いてみると全然そんなことはなく、まったくもって平穏な様子でした。

cimg0428.jpg

とはいえもちろん近隣住民の関心は非常に高く、ホールに並べられたイスは満席、壁際は立ち見の人たちで埋めつくされるほどの入りでした。200名以上は集まっていたのではないでしょうか。夜6時半からという早めの時間帯で、地域柄もあるので、パッと見た感じでは比較的高齢の方々が多かったのですが、学生風の人や子供を連れて家族での参加といった姿もちらほら見かけられました。

cimg0430.jpg

受付では500mlペットボトルのお茶が手渡されたほか、こんなものが……

p4290256.jpg

A3で全14ページにもわたる、建築計画および周辺への影響に関する詳細な資料です! マニアの方(何のマニアかはわかりませんが)ならもうこれだけで鼻血を出してしまいそうなボリュームと内容です。私もこれをもらえただけでかなり満足してもう帰っていいんじゃないかと思いかけましたが、ちゃんと説明も聞くことにします。

説明者側は、建築主である東武鉄道と新東京タワー、設計を担当する日建設計、施行を担当する大林組からそれぞれ部長クラスの方々や技術陣らが出席し、どんな質問にも対応できる体制です。

cimg0431.jpg

そして2時間にわたる説明会が始まったわけですが……前置きだけでこれだけ長くなってしまったので、続きは回を改めて書きます。
posted by hidaka at 00:17 | TrackBack(0) | 住民説明会(2008年3月)

2008年04月29日

東京の空気と美しい空

p4290253.jpg

本当に良い天気になりました。太陽の方向の加減で、ちょっと遅い時間に撮ったほうがメリハリが生まれ、空の色も美しくなるようです。副次的な効果として、東京の空気の汚さがよくわかります。

連休のネタですが、3月に開催された住民向け説明会の模様をどこにも書いていなかったので、数回にわけて報告していきたいと思います。のんびりお待ちください。
posted by hidaka at 15:40 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2008年04月28日

連休に入りました

p4280248.jpg

動きがないまま大型連休に入りました。5月6日までは完全にお休みだと思うので、連続10日間休工の風景が続くだけということになります。またまた追加ネタをちょっと考えます。

法律が変わって祝日が火曜日以降にもキャリーオーバーされ、今年は5月6日も休みになることをいま知りました……
posted by hidaka at 15:03 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2008年04月27日

なんと既に完成したタワーが

日曜日ですので先週に引き続きコネタです。まっすぐ前を見て歩いているとまったく気が付かなかったのですが、ちょっと上を見てみると、近くの店「スナック幸」の上にこんなものが……

p4270246.jpg

デザインはかなり謎めいていますが、どう見てもタワーです。しかも、どうも電球状のものがくっついているように見えます。ここで「コマンド」→「どうぐ」→「やみのランプ」→「つかう」(※)を実行すると……

p4270240.jpg

やっぱり光りました! まさか予定の3年半前にもうタワーが完成していたとは、自宅からわずか30秒の距離なのに知りませんでした。このタワーからはまだ地デジの電波は発射されていないようなのですが、何か別の意味で電波が出ていそうな雰囲気がしなくもない感じです。

どうしてこんなものを設置したのか尋ねたいところなのですが、場末のカラオケスナックに若者が独りで突撃する度胸はありません……。

(※:一部の年代の方以外にはわかりにくいネタですみません
posted by hidaka at 23:45 | TrackBack(0) | 新東京タワー周辺情報

快晴、ネタ探し

p4270241.jpg

昨日とは打って変わって良い天気になり、ヒマネタを探しに出かける余裕も生まれました。

フラフラしていたら自宅のすぐ近くで一応ネタになる可能性のあるものが見つかりました。夜までお待ちください。
posted by hidaka at 14:46 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2008年04月26日

変わらない毎日がそこにある

p4260231.jpg

当然今日も現場に変化はないので、週末のヒマネタを探しにでかけないとなと思っていたら雨が降ってきてしまいまして、横着して適当に撮って後で見てみたらモロにレンズの水滴が写り込んでいてゲンナリな月末の土曜日であります。
posted by hidaka at 15:22 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2008年04月25日

誰もいなくなって10日

p4250226.jpg

誰もいなくなって10日ほど経過しました。私は正式着工まで幾夜を悶々として過ごせば良いのか……。
posted by hidaka at 13:46 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2008年04月24日

レンズフード直しました

p4240217.jpg

今にも雨が降りそうな天気です。今日はまたバンが止まっていて誰か来ているようです。

レンズフードを付け直したら画像右上の影が消えました。やはりゆるんでいたようです。
posted by hidaka at 12:11 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2008年04月23日

フードを確認するのを忘れました

p4230214.jpg

写っているものは昨日とほぼというか全く同じですが、右上のレンズフードを確認するのを忘れていました。今日帰ったら必ずカメラを調べておきます。
posted by hidaka at 12:07 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2008年04月22日

天気は良くても変化はなし

p4220202.jpg

天気は良いですが景色に変化はありません。今日は現場には誰もいないようです。

画像の右上、レンズフードがかなり映り込んでしまってますね。取り付けがゆるんでいないか明日確認します。
posted by hidaka at 14:57 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2008年04月21日

ほんの微妙には変化もあります

p4210197.jpg

敷地の入口にバンが止まっています。試験の片付けが終わり誰もいなくなったように見える現場ですが、人の出入りは忍びやかに続いているようです。
posted by hidaka at 11:54 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2008年04月20日

建築計画のお知らせ

風景にあまり変化がなくて退屈かと思われますので、たまには現場周辺の情報などをヒマネタとして載せていきたいと思います。「新タワーのさまざまな最新情報をお届けします!」というほど威勢良くはできないのですが、週に1度くらいは現場画像以外の何かをご報告できればと。ひとまず今回は「建築計画のお知らせ」標識についてです。

この標識は、いわゆる中高層建築物条例(中高層建築物の建築に係る紛争の予防と調整に関する条例、だいたいどこにでもあって似たような内容です)の規制対象となる建物を建てるときに設置が義務づけられるものです。

例えば、先日新宿の南のマクドナルドに行ったとき、ちょうどとなりの敷地が建て替え中だったのですが、こんな内容が掲示されています。

cimg0745.jpg

自治体にもよりますが同条例には「中高層建築物」の定義として

高さが十メートルを超える建築物(第一種低層住居専用地域及び第二種低層住居専用地域にあつては、軒の高さが七メートルを超える建築物又は地階を除く階数が三以上の建築物)をいう。

都条例より抜粋)

とありますので、だいたい4階建て以上、場合によっては3階建ての建物でも、建てるときにはどこかにこの標識を設置する必要があります。ですからこれ自体はめずらしくもなんともなく、誰でもどこかで見たことがあると思います。しかしさすが新東京タワー、内容のスケールが違います。

p4120137.jpg

高さ:470.88m(最高610.58m)!!

もちろん610mという高さはずっと前から知っているのですが、ごく普通の建物とまったく同じ様式の看板の中に、突如として非日常的な数字がポロッと登場していることが衝撃的です。「高さ610mで日本一のタワーが建ちます」などとていねいに説明されるよりも、こうして何気なく数字を出されるほうが個人的にはインパクトがあります。

470.88mというのは建物、つまり人が立ち入る部分(展望台が約450mということなので、機器などを設置するさらに高い場所かと思われます)の屋根を指し、610.58mというのは本当の先っぽの高さを指します。

ちなみに、こんなところ(下画像内、見つかりますか?)にちょこんと掲示されているのでいまいち610mが建つ実感がありません(現場の入口にも同じものが掲示されていますが)。

p4120147.jpg

それと住所マニアの方は気付かれたかもしれませんが、所在地表記のところで「東京都墨田区押上一丁目123-3」という、このあたりでは普通目にすることのない「地番表記」が見られるのも興味深いところです(住居表示では、押上一丁目の街区符号は52番までです)。おそらく「押上一丁目1番13号」はこの敷地の中でまさにタワー部分が建つ位置を示していると思うのですが、「押上一丁目2番17号」「押上一丁目123番地の3」がどこを示しているのかは見当もつきません。

(以下、まったく意味はないのですが妙に時間かけて調べてしまったので自分用メモとして残しておきます)

新タワー計画敷地の大部分を占める「押上一丁目1番」は東武の旧貨物駅だったので非常に大きい街区(ブロック)で、住居番号は96号まであるようです。また、「押上一丁目2番」から「押上一丁目8番」はWebの地図では見つけられませんでした。

押上1-1-2 東武鉄道本社
押上1-1-3 東武建設(?)
押上1-1-4 業平橋駅
押上1-1-7 東武エンジニアリングの建物(?)(退去済)
押上1-1-13 新タワー
押上1-1-65 押上駅(地下鉄半蔵門線/東武伊勢崎線)
押上1-1-72 日立コンクリート
押上1-1-75 フコックス業平橋営業所
押上1-1-77 東京エスオーシー(退去済)
押上1-1-81 サツキ(?)(退去済)
押上1-1-86 金龍自動車交通(退去済)
posted by hidaka at 23:58 | TrackBack(0) | 新東京タワー周辺情報

20日目

p4200193.jpg

日曜休工日です。そういえば、おとといくらいから敷地の入口に誰も立っていないように見えます。
posted by hidaka at 16:34 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2008年04月19日

現場の夜景です

p4190185.jpg

変化にとぼしい画像ばかりでしたので、今日は趣向を変えて建設現場の夜景をお届けいたします。……つまり、朝撮影する時間がなかったので夜帰ってきてから撮ったということです。

向こうの空に怪しい光が見えますがこれはサーチライトよる電飾で、侵略者からの最後通牒ではありませんので、少なくとも明日人類が滅亡するような危機はないです。どうぞご安心ください。
posted by hidaka at 23:42 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2008年04月18日

ヒマネタは週末に回します

p4180169.jpg

けっこうな雨です。すいません本日ヒマネタを入れると昨日予告していたのですがちょっと時間的に無理っぽいですので週末のどこかで掲載します。何よりも全景写真が優先です。

それにしても雨の中の撮影にはめげそうになります……梅雨の時期を考えると今から頭が痛いです。
posted by hidaka at 11:47 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2008年04月17日

平穏が続きます

p4170165.jpg

今日も平穏な現場です。さすがにこの変化のない状態が毎日続くのもキツイ感じなので、明日はちゃんとヒマネタを用意するつもりです。
posted by hidaka at 11:08 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2008年04月16日

墨田区お天気Blogです

p4160160.jpg

みなさんこんにちは。墨田区お天気Blogです。今日は20℃を超える暖かさになりましたが、空には雲が広がっています。明日は午後から下り坂の予報ですので、傘の準備をお忘れなく。

ということくらいしか書くことがなくなってしまいましたが、現場には人っ子ひとりいないというわけではありません。よく見ると仮囲いの切れ目の入口部分にはちゃんと警備員の方が立っているので、勝手に中に入って砂遊びしたりはできませんよ。
posted by hidaka at 15:05 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2008年04月15日

そして誰もいなくなった

p4150156.jpg

昨日心配した通り、人も建設機械もいなくなってしまいました。試験が行われていた場所は完全に柵で囲われてしまっています。

このままだと明日から単なる墨田区お天気Blogになってしまう……。
posted by hidaka at 12:02 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2008年04月14日

コンテナもなくなる

p4140153.jpg

現場では、水槽として使われていたと思われるオレンジ色のコンテナが長らく目立っていましたが、ついに本日それらもすべてなくなりました。そのほかに残っていた廃材もトラックに積み込まれていたので、今日中に撤去されるものと思われます。

ここまで何もなくなってしまうと、7月1日の正式着工まで報告することは特にないような気もしてきました……。
posted by hidaka at 12:10 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景