2008年07月12日

雷なので退散

p7121425.jpg

いつものように現場の画像を撮ろうと思って出てきたら、急にカメラのフラッシュが光り、すぐに「ゴガーン」という爆音が周囲に響きわたりました。いや、今はフラッシュを取り付けてはいないので、カメラが光るはずはありません。フラッシュではなく、雷でした。光ってから音が鳴るまで2〜3秒ほどだったので、ここから半径わずか1km以内の近い地点に落雷していることになります。冷静になって前を見てみると、私が今いる場所のほうが、画像右下に写っている避雷針より高いような気もします。こんなところで撮影などしていたらリアルに死ぬかもしれないと思い、キシキシキシッと大あわてでシャッターを切り、逃げるように帰りました。実際には、その後嵐になるようなことはなく、雷が鳴っただけでした。

肉眼ではほとんど現場を眺めていなかったので気付きませんでしたが、2本の巨大管の東(画像左)に隣接してテントのようなものが設営されています。野外本部でしょうか。
posted by hidaka at 15:30 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景