2008年07月27日

穴は現れては消える

p7271831.jpg

今日は休工日です。ここ数日連続して注目していた穴ですが、結局穴自体がふさがれてしまい、ここで何か工事が行われていたということさえ感じられない見た目になってしまいました。

p7271850.jpg

この穴1本に限らず、これまでも地面の穴にコンクリートを打つ様子はあちこちで見られましたので、既にこの現場の地中には数知れぬ本数のコンクリート柱が立っているのだと思います。それなのに、穴の場所での工事が終わるとこのように何事もなかったかのようなツルリとした表面になってしまうのです。

そのほか、穴に気を取られて気付いていなかったのですが、土壌の入れ替えが行われた西(画面右)側にスパイラルのドリルがやってきていました。25日の画像で既に確認できていたはずなのですが、見落としていました。それにしても、あれだけ掘り起こしたところを埋めて、また掘らなければいけないなんて大変です。

p7271852.jpg

おととい3階建てになった東(画面左)側奥のプレハブでは、屋上に並んでいたと思われる部材が外廊下のひさしになったもようです。また、なかなか進展がなかった薄緑色の壁の「秘密工場」ですが、この壁の中と、外にあるオレンジ色の水槽とを接続するパイプが設けられたほか、東側の壁が少し継ぎ足されて広くなりました。

p7271853.jpg
posted by hidaka at 15:34 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景