2009年05月31日

次回は早くとも1週間後です

明日6月1日(月)から出張に出てしまいまして、帰ってくるのが7日(日)なので、次回の現場画像は早くとも1週間後となります。「早くとも」というのは、戻ってきてもまた私がサボる可能性があるから、ということは言わずともお分かりかと思います。

本当は出発前に撮れると良いのですが、明日5時起きなんですよ。「ごっ、ごっ、5時ー!?(志村けんのだいじょうぶだぁ調のノリで)」そうなんです、私の5時起きに関する生涯打率は0割台だと思うのでこれは危険です。ですのでもう寝ます。

あ、そういうことではなく、明日出発前に撮っても工事がまだ始まっておらず今日と同じなので、すいませんそこまでしませんということです。ではでは。

レア画像

p5317532.jpg

雨の日が続いています。昨日エレベーターシャフトの一番上に吊り上げられた「夢か希望の入った箱」(独自名称)は休工日の今日もそのまま置かれています。いま大地震が起こらないことを祈ります。

昨日この箱を「初めて見た」と書きましたが、現場を注意深く見てみたら、押上駅−業平橋駅連絡通路の出口跡のあたりに1個置いてあるのが確認できました。

p5317554.jpg

確かめてみたら何カ月も前の画像にも写っているので、単に私がこの箱に単体で注目したことがなかったというだけでした。今日時点での塔体全体をざっくり見るとこんな具合です。

p5317560.jpg

さて、5月も最終日を迎え、「近隣の皆様へ」の掲示内容が更新されました。

p5317562.jpg

現在約49mという工事の進捗はともかく、左下の北鼎(かなえ)塔体鉄骨建方状況と説明されている写真……

p5317566.jpg

そうそうこれこれ、こういう写真を待っていたんですよ! 下から見上げた様子は誰でも撮れますし、水平に見渡したくらいの画も、いまならまだ周辺のマンションに住んでいる人が押さえてくれています。しかし、塔体の内側は空撮でもしない限り、関係者以外が目にすることはできないわけです。Blogで誰でも画像を発表できる今だからこそ、こういった写真の希少性は相対的に高いものと言えるでしょう。本当は広報担当者Blogなどでこういう写真をガンガン上げていただけると、我々現場ウォッチャーの工事に対する理解も深まるのですが……。
posted by hidaka at 14:21 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2009年05月30日

夢か希望の入った箱

p5307504.jpg

今日は、塔体内側のエレベーターシャフト部分の頂上に、箱のようなものが置かれているのが確認できました。

p5307528.jpg

箱の中身は書かれていないので、残念ながら何が入っているかはわかりません。ここは美しく、「夢」ないし「希望」が入っている箱ということにしておきましょう。「夢と希望」だとちょっと欲張りな気もするので、「夢か希望」にしたいと思います。

しかしこの夢か希望の入った箱、私が目にしたのは今日が初めてなのですが、現場に登場するのは初めてではないようなのです。昨日朝のNHK首都圏版で東京スカイツリーのことがとり上げられたのですが、その映像の中にこの箱が映っているのが確認できるのです。

ch27-20090529-075543.jpg
(NHK総合「おはよう日本・首都圏」2009年5月29日放送より)

番組中、これは「東京スカイツリーの完成までを見守るブログ」のさえパパさんを紹介する部分の映像で、おそらくインタビュー時にあわせて撮影されたものだと思うのですが、さえパパさんのブログによるとそれが5月18日。夢か希望は少なくとも先週にも、あるいはずっと前から新タワーに積み込まれていたようです。
posted by hidaka at 14:19 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2009年05月29日

珍しく変わらない

p5297474.jpg

昨日の全景と見比べてみても珍しく代わり映えのしない現場です。このBlogを始めたころは1日2日はおろか1週間以上特に変化のないこともザラでしたが、あっという間に工事が進む最近ではこれだけ変化がないのも久々です。といってもここから見えないだけで、南(画面奥)側や内部では作業が行われているでしょう。今日も雨なのでコメントはこれくらいです。

2009年5月31日2時15分追記:冒頭の「昨日」が当初「機能」になっていたのを修正しました。ご指摘いただいた方、ありがとうございます!
posted by hidaka at 14:20 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2009年05月28日

両駅連絡通路の入り口

p5287456.jpg

久々に雨です。今日も塔体の鉄骨などが確実に上に伸びているのが確認できますが、雨の中で望遠レンズに付け替えてカメラに水が入るとイヤなので全景のみです。

今日出かけたついでに、先日触れた押上駅−業平橋駅の連絡通路入り口にもう一度行ってきました。前回の画像

cimg0901.jpg

は2008年8月31日に撮影したものだったので、最新の状況を見ておきたかったのです。すると、隔壁がちょっと手前に移動しており、隔壁自体に以前はなかった扉が取り付けられているのがわかりました。

p5287447.jpg

駅の案内図は2003年3月現在の内容ということで、半蔵門線の押上延伸直後に描き直されたもののようですが、この案内図にはまだ業平橋駅の3〜5番ホームが残っています。

p5287448.jpg

そう思っていたら、ヤフーの地図に関する実験サービスサイト「LatLongLab」で、10年前の東京の地図と現在の地図を見比べられる「TOKYO decade」というコーナーがつい3日前にオープンし、ブロガーの間で大盛り上がりという情報を小耳に挟んだので、私も先進的ブロガーの仲間入りを果たすため早速アクセスしてみました。押上駅のこの場所を拡大してみると、確かにここから業平橋駅ホームまで通路でつながっているのがわかります。
posted by hidaka at 16:28 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2009年05月27日

最後の防護構台鉄骨

p5277415.jpg

今日は久しぶりに正午ごろに撮影したので、いつもより逆光度合いの高い画像になっています。

塔体本体の鋼管型鉄骨も着々と組み立てられておりまして、今日はちょうど私が毎日見ている北(画面手前)側の頂点付近で新たな鉄骨の取り付けが行われました。

p5277443.jpg

そのほか、昨夜も防護構台の取り付け作業が行われたようです。これで防護構台の鉄骨は揃ったので、あとはこの部分に防護板をはめ込めばすべて完成ということになります。

p5277442.jpg
posted by hidaka at 11:56 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2009年05月26日

いまは中心がわかる

p5267372.jpg

昨日に引き続き、中央のエレベーターシャフト部分の組立てが見える場所で進んでいます。

p5267406.jpg

このように中央部分の組み立てが目に見える時期は重要です。なぜなら、この位置をずっと真上に見上げたその先に、タワーの頂点が位置することになるからです。

新タワーの根元は三角形なので、いま全体がきれいに収まるように撮影しても、画像の中心がタワーの中心と一致するとは限りません。ですので将来、完成した新タワーを真ん中に撮った画像と、建設中の様子の画像を重ねて見比べたいという人は、今日のように中央部分が見えているときに、そこが真ん中になるような撮影の角度を探しておくと良いと思います。
posted by hidaka at 17:03 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2009年05月25日

降りる

p5257335.jpg

4月下旬頃から塔体の外部足場が高くなってしまったため、内部のエレベーターシャフト部分が隠れてしまっていましたが、見えないところで着々と組み立ては進んでおり、今日久しぶりに頭を出しました。

p5257365.jpg

いま見えているところは北(画面手前)側のシャフトの一部だと思います。

さて、今日は撮影に出たのが夕方6時前くらいでした。こんな時間帯でもこれだけ現場が見られるなんて、やっぱり冬に比べていい季節ですね。今日はちょっと遅めの5時半ごろになってもタワークレーンが動いていたのですが、その動きが止まったので、思いついて、あるタイミングを待ちかまえてみました。15分ほど見ていると、そのときは来ました。

p5257367.jpg

やはり。タワークレーンのオペレーターの方はどうやってあの高いところにある操縦室まで行き来するのか、まさかクレーンに吊されて行くのではあるまいと思っていましたが、上の画像(中央付近。鉄骨に隠れて見えにくいですが)のように、地道にハシゴを上り下りするしかないわけです。それでも、安全帯のランヤード(胴綱)を付け替えているのか断続的に止まっているとき以外は、本当にヒョイヒョイと降りていってしまうので、割とあっという間な印象でした。

今年2月にスペインへ出張したのですが、サクラダファミリアの横を通ったときクレーンを見て「このハシゴを毎日上り下りするのか。ここで働いている人は大変だな」と思ったものの、よく見れば日本のクレーンだってエレベーターが付いているわけではありません。新タワーの現場はこれからもっと大変になるということなのでしょう。

p2150024.jpg

それにしても、本当に日本のクレーンは丈夫に見えます。比べて見ると、スペインのクレーンの鉄骨はほとんどジャングルジムの鋼材くらいの細さに見えます(実際はそんなに細くはないですが)。
posted by hidaka at 17:46 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2009年05月24日

東武新社屋クレーン1基消える

p5247297.jpg

日曜休工日です。昨日の午後は目に見える大きな変化は無かったようです。昨日見た東武鉄道本社新社屋のクレーンは、解体中の1基が基部まですべてなくなり、クレーンが取り付けられていた柱のみになっていました。

p5247320.jpg

遠くから見た新社屋は東京スカイツリーts建設風景さんがキャッチされていましたのでぜひご覧ください。
posted by hidaka at 16:50 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2009年05月23日

クレーン解体

p5237253.jpg

昨夜、防護構台がまた1区画新たに設置されたようです。

さて、タイトルに「クレーン解体」と書きましたが、まだ工事が軌道に乗り始めたばかりのこの現場でもうクレーンがお役御免になったわけではありません。このすぐ近くで行われている東武鉄道新社屋の工事現場で、2基の大きなクレーンのうち1基が解体されているのを今日目撃したのです。

p5237250.jpg

p5237251.jpg

かなり慎重に作業が行われていたので完全に下ろすところまでは見ている時間がなかったのですが、むしろ気になるのはもう1基のクレーンをどうやって下ろすかというところです。小さいクレーンを上げてそれで下ろし、小さいクレーンのほうはパーツ単位にばらしてエレベーターで下ろすといった説明がされることが多いですね。
posted by hidaka at 13:42 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2009年05月22日

細かい見どころ多数

p5227219.jpg

あっと驚く変化はありませんが、昨日と今日の全景を見比べると、最近現場で行われている代表的な作業のダイジェスト版であるかのようです。

ひとつは何度も書いてきた、北(画面手前)側の線路上空に設けられている防護構台の組み立てが進行したこと、もうひとつはタワー塔体外部の足場の一部が高くなったこと、そしてもうひとつは

p5227249.jpg

塔体本体の鉄骨がさらに伸びたことです。伸びた部分は緑色の仮支えで受けているようにも見えますが、鉄骨の複雑な前後関係がこの画像からでは非常に読み取りにくいので、この部分の塔体の重さが既に仮支えにかかっているのか、はっきりしたことはわかりません。すぐ近くまで行って見たいものです。
posted by hidaka at 13:24 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2009年05月21日

美しい防護構台

p5217176.jpg

西(画面右)側半分ほどの防護構台が完成した模様です。まっすぐ並んだ防護構台は美しいですが、その後ろにある部分が隠れてこちらから見えなくなってしまうのがちょっと残念でもあります。

今日もまたコメント欄からお便りをいただきました。

「これからも眠気に負けずがんばってレポートをお願いします」

応援本当にありがとうございます。ただ、まだそう長くないとはいえ私のこれまでの人生を振り返ると、「眠気に勝つ」そして「がんばる」、この2点についてのムーディーズ格付けは「非常に投機的」ですので、このBlogもあまり期待はされず何となくご覧いただくことが、日々の健康増進には効果的なのではないかと思います。すみません。
posted by hidaka at 16:29 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2009年05月20日

大詳報・深夜の防護構台工事

昨日の夕方、コメント欄から次のようなお便りをいただきました。

「低層棟の東側で、防護板がスタンバイしていました。きっと今夜取り付け作業ですね!」

えーっと思って「東京スカイツリーts建設風景」さんを見ると、確かにそのように書かれています。昼間に撮影した画像を見直してみたら

p5197121.jpg

確かにタワー塔体の近くに、組み立てられた防護構台のモジュールがありました。こんな大きなものを見落としていたとは情けない限りです。

で、これは夜になったら見に行けということですか! ……いやいや、「絶対行くな」と言われても、行くに決まっているじゃないですか!

というわけで日付が20日に変わって午前1時ごろ、東武伊勢崎線の線路のすぐ北側の道路へやってきました。おおむね、昼間と変わらない状態で防護構台が吊されたまま待機しているようです。

p5207132.jpg

しかし1時20分ごろになって、ついに緑色のIHIクレーンが反時計回りに旋回を開始しました。

p5207133.jpg

ここから先は文章で細かくご紹介しているとキリがないので、勢いよくどんどん画像を見ていきましょう。そのままクレーンは旋回を続け、防護構台は終電後の線路の上空まで運ばれました。

p5207134.jpg

そして、低層棟躯体への取り付け位置付近まで下ろされます。

p5207140.jpg

よく見てみると、下で待ちかまえていた作業員の方が手で防護構台を持っていますよ。

p5207142.jpg

何分かかけて位置合わせが行われます。

p5207145.jpg

位置が決まれば、あとは人手でボルトを締めるなどして、低層棟と防護構台がつながります。この時点で1時45分くらいですが、防護構台の固定は当然確実に行われなければならないので、30分以上かけてしっかりと作業が行われていました。

p5207150.jpg

固定作業も無事に行われ、防護構台の取り付けが完了しました。しかし……何か忘れていませんか。

p5207155.jpg

そうです、防護構台はクレーンに吊されてここまで移動してきたので、クレーンのフックから外さなければなりません。ひょっとするとヒモを引っ張ると取れるような仕組みになっているのかもと思いましたが、やはりそんなはずはなく、

p5207157.jpg

フックのかかっているところまで人が行って手作業で外したのでした。画像ではわかりにくいかもしれませんが、けっこうな高さがあり、傾斜もきつい場所なのですが。作業員の方はスルスルと上ってしまいました。安全帯があるとはいえ、普通の人なら余裕で腰が抜けるくらいの高さだと思います。

これで防護構台がクレーンから外れ、ようやく本当に固定が完了しました。

p5207164.jpg

2時間近く現場を見続けていてさすがに少し疲れてきたので、自宅に帰ることにします。

p5207168.jpg

というところでようやく気付いたのですが、西(画面右)のほうの防護板が増えているような……。

p5207169.jpg

現場に到着して最初に撮影した下の画像と比べてみると、やっぱり増えていました。新規に設置される防護構台にすっかり気を取られていて完全に見落としていたのですが、既設の構台への防護板の取り付けも同時に行われていたのでした。

p5207129.jpg

この作業でも防護板が別のクレーンで高く吊されていました。タイミングが合わず撮影できなかったのですが、地上から見えない反対側では、この防護板の上端付近にまで作業員の方が上って取り付け作業を行っていました。

p5207170.jpg

いやーここまでのダイナミックな工事が見られるとは思いませんでした。お知らせいただきありがとうございました!
posted by hidaka at 09:26 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場詳細

2009年05月19日

防護板に気を取られる

p5197106.jpg

線路上空に作られつつある防護構台で、2番目に防護板が入った部分と同じく3番目に入った部分の間、言うなれば2.5番目の区画に新しい防護板が入りました。

p5197125.jpg

あと、防護板ばかりに気を取られてズームインするのを忘れましたが、タワー塔体本体の南(画面右奥)側の鉄骨がさらに高く伸びています。
posted by hidaka at 16:23 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2009年05月18日

塔体全景など

p5187071.jpg

タワー塔体の東(画面左)側に、ある程度組み立てられた鉄骨から成るパーツが確認できます。

p5187098.jpg

上の画像では左の緑色のクレーンの向こう側と、右にありますが、右側のはALCパネル(軽量発泡コンクリート板)が取り付けられているようにも見えます。するとこれは将来のエレベーターシャフト部分でしょうか……素人目ではスケール感や素材感が分からず確信が持てないので、「よくわかりません」ということにしておきましょう。

今日時点でタワー塔体部をざっくり見渡すとこんな様子です。

p5187094.jpg
posted by hidaka at 16:37 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2009年05月17日

毎日足場

p5177040.jpg

日曜休工日ですが、昨日撮影したときから足場がさらに高くなっていることがわかります。もう毎日どこかは高くなっていくという具合ですね。
posted by hidaka at 13:57 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2009年05月16日

現場ウォッチャーの輪

p5167020.jpg

現場で見た目に分かる変化は、足場がさらに高くなったのと、線路上空の防護構台の鉄骨が増えたといったところです。

この日は、近所の「枕橋茶や」で写真家・小野寺宏友さんが主催した「東京スカイツリー定点観測写真講座」に行ってきました。(このエントリの更新時刻は現場の撮影時刻に合わせてあるので、時制的にはこれから「行ってきます」と書くのが正しいのでしょうか)

講座の模様はあちこちでリポートされるのでその記事に譲るとして、以前から私もときどき拝見していたBlog「題名の無いフォトグラフ」を書かれているオーケー∵さんにお目にかかることができました。現場の写真をよく掲載されていたのでチェックしていたのですが、お互い「ああ、あのBlogの」という感じでお話も盛り上がりました。このように徐々に現場ウォッチャー同士がノウハウを交換しながら、新タワーの成長をよりうまい具合に見ていけるようになっていければと思います。
posted by hidaka at 14:14 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

2009年05月15日

防護構台3区画目

p5156998.jpg

昨夜の工事で、東武伊勢崎線上空の防護構台が3つに増えました。防護板自体はこれから設置するようで、まだ支柱となる鉄骨のみです。

タワー本体では南(画面奥)側に新たな仮支え(緑色の鉄骨)が見えてきたのと、西(画面右)側の足場がさらに高くなったのが確認できます。

p5157013.jpg
posted by hidaka at 13:30 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景

深夜の防護構台

昨夜は遅くまで起きていたのですが、深夜3時半くらいになって「そういえば、終電後でしかできない防護構台の工事が見られるかも」と思って外に出てみました。

すると、作業自体はもう完了していたようなのですが、日付が変わるころにはまだできていなかった防護構台の鉄骨が取り付けられているのがわかりました。東(画面右)から数えて3番目の構台です。

p5156992.jpg

この工事の模様は、おそらく新タワー関連Blogの中では随一の詳しさを誇る「東京スカイツリーts建設風景」さんの5月15日のエントリでリポートされていました。そのほかの工事も大変精力的に追いかけていらっしゃるので、未見の方はぜひご覧になられたらと思います。
posted by hidaka at 03:57 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場詳細

2009年05月14日

綱引き

p5146956.jpg

一番西(画面右)の防護構台で、防護板の枚数が増えました。これでこのセクションの防護工事は完了でしょうか。

さて、低層棟屋上の資材ヤード東(画面左)側に新しいクレーンが追加されるようで、その組み立てらしき作業が行われていました。

p5146983.jpg

クレーンの部品をつり上げるのは別のクレーンの役割ですが、水平位置の微調整はやはり人間の仕事のようで、さながら綱引きのようにして何名もの作業員の方々が部品を人力で引っ張っているのが見えました。
posted by hidaka at 13:37 | TrackBack(0) | 新東京タワー建設現場全景